ここは同人サークル「Nick-Ninth」の秘密基地(?)です。
          Dies-EssenceⅡ
          大雪戦公式ページ


「神代姫桜」(かみよのひめざくら) 御披露目!

...2009/08/09 05:57...

c76kokuti01.jpg

Nick-Ninth CDビジュアルブック vol.1

神代姫桜 (かみよのひめざくら)


全国とらのあな店舗及び

通販ページ
にて好評販売中!



ということで新刊「神代姫桜」の作品紹介をば。

さて、今回のモチーフは日本神話モノです。
以前発表した自分の楽曲、コノハナサクヤの歌詞を元に世界観を拡大し
日本神話のエピソードのひとつ、コノハナサクヤビメの逸話を脚色したストーリーを
美しいイラストと多彩な楽曲で表現しようというのが本作のコンセプトです。
しかしながら、一読すればお分かりいただけるかと思うのですが
原典の”天孫降臨”におけるコノハナサクヤビメ&イワナガヒメのぞんざいな扱いには、
わりと腹に据えかねるものがあったりなかったりしまして
そこは百合スキーばかり揃った我らNick-Ninth、
「これ姉妹百合入れたらどうっすか」「それだ!」「ビッグアイデア!」的なやり取りを経て

日本神話姉妹百合モノという

新たな(?)ジャンルの開拓を目指すことに。
考えてみれば二次創作のモチーフとしては最古に近いものになるのかもしれませんね。
いわゆるひとつのコノハナサクヤヒメ×イワナガヒメ(リバ可)というやつです。
由緒あるお国の神話からでも萌えたがる・・・
いやはや日本人とはなんと貪欲で罰当たりな人種なのでしょう(←お前が云うな)

話が逸れましたが本作の仕様について説明いたします。
まずイラストとテキストでお届けするヴィジュアルブックですが
B5サイズ24Pフルカラーの冊子となっております。
イラストは言わずもがな、われらがスーパーにゃんこおにねこの全点描きおろし
特に今回は版型も大きく見開きも多数(表紙絵からして見開きです)
華やかな日本神話の世界を美麗かつ緻密な筆致で余すところなく描ききってくれました♪
構成及びストーリーテキストは不肖わたくしnick-9が担当させていただきましたが、
神話原典を知らない方も単一の物語としてお楽しみいただけるよう
そして原典をご存知の方にはよりいっそうお楽しみいただけるよう
精一杯の知識と文言を絞り出したつもりです。
なによりサクヤ姫とイワナガ姫を魅力的に描くことに各々力を尽くしましたゆえ
読んでいただいた方にそれが伝われば無上の光栄であります。

画像サンプル
kyhzp4to5.jpg kyhzp6to7.jpg



そして冊子と共に同梱されるのがこの

 神秘封音銅鏡(しんぴのふういんどうきょう)

銅鏡使いかた

これは神代の昔より伝わるそれはそれはありがたい銅鏡でして
裏側の鏡面部分は朝の身だしなみは勿論、まさかの時のSOS信号に用いることも可能、
或いはその形状を利用した遠心力による推進は古来より「ポチトツテコイ」の呪言と共に発することで
畜獣を思いのままに操ることすら可能にしたとも伝え聞きます。
さらにはこの魔鏡、西洋渡来のからくり箱に納めることで
古に封じ込められた神姫たちの歌声を聴くことも・・・ってもういいですか?

というわけで今回CDはボーカル6曲収録、
そしてそれぞれのインスト版を含めた全12曲入りとなっております。
作詞作曲はnick-9が1人で担当していますが、今回は「和風縛り」という制約があったために
様々な試行錯誤を強いられるハメになりましたw
youtubeで演奏動画を聴き漁り三味線ソロの参考にしたり
雅楽の何て読むんですかコレ系の楽器の音色や実際の使われ方を調べたり
(笙、竽、箏、篳篥・・・いくつ読めます?w)
それでもやはり「和」の響きというものは日本人である自分にとって心地よく出来ているようで
非常に良くイマジネーションを掻き立ててくれましたね。
おなじみ初音ミクをコノハナサクヤ姫の、巡音ルカをイワナガ姫の歌声と見立てて
独唱ありハモリありの歌劇を意識した構成になっていますので、
本編とリンクした歌詞も併せてお楽しみください。
サウンド面では今回も要所要所のベースをきっちりキメてくれたJ-Keyの力により
かなりメリハリのある仕上がりになったと思います。
あとnick-9はスラップも大好きですがフレットレスベースのけだるい感じがたまらなく好きな人間なので
今回こそ弾かせようと思いましたが逃げられましたw いつか弾かせてやる(笑)
ギターの新録は「紅蓮坂」だけとなりましたが、いやはやこの曲のギターとベースの暴れっぷりたるや
作曲者の思惑を遥か斜め上に突き抜けてくれまして(もちろんいい意味で)
急場の録音だったのにあれだけの音を出してくれたゲストのfuzzy氏には脱帽と感謝することしきりです。
今度お土産持って遊びに行きますw
各曲ごとのエピソードや解説なんかも作品頒布後にゆっくりと語れたら、と思いますね。
6日分もあるからその間日記のネタ考えずに済むしゲヒヒヒ

最後に本作のクロスフェード動画「神代姫桜 ~御披露目~」を紹介して
この長ったらしい文章を終わりたいと思います。
宣伝用っちゃ宣伝用なんですが、動画作ってる時の純粋な楽しさを久しぶりに思い出しました。
コミケが終わって落ち着いたら、また新曲の投稿とかしてみましょうかね・・・

それではこの夏、あなたの胸に
「恋」の炎と「和」のひとときを。







スポンサーサイト












当サイトはリンクフリーです。
CALENDER
07 ⇔ 2009/08 ⇔ 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

nick-9

Author:nick-9
はじめましてnick-9と申します。
音楽とブロック遊びと猫をこよなく愛するヲタク野郎です。
よろしかったら仲良くしてあげてくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する