ここは同人サークル「Nick-Ninth」の秘密基地(?)です。
          Dies-EssenceⅡ
          大雪戦公式ページ


スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



「神代姫桜」製作裏話 ~楽曲編~ 終章

...2009/09/26 23:59...

間が空いてしまって申し訳ありませんでした。
それでは6曲目、「コノハナサクヤ」のお話です。






そもそも本作「神代姫桜」はこの1曲から全てが始まった企画であります。
2008年4月、なかなか時間がとれず花見に行けなかった自分は
日々ちまちまと曲作りに余暇を費やしておりました。
鬱憤を晴らすかのように(笑)
元来花見スキーの自分にとって、或いは日本人のナショナリズムなのでしょうか。
桜というのは非常にイメージをかき立てられる存在であり
それをテーマにした曲を作ることは
いち表現者として是非為しておきたいことだという気持ちが前々からありました。

当時、自分は初音ミクという新しい表現手法に出逢い、方向性を模索していました。
そこに「いつか一緒に音楽をやろうぜ」と約束を交わしていた十年来の朋友J-Key、
合縁奇縁、一緒にサークル活動をすることになったおにねこ嬢の両名が加わってくれたことで
現Nick-Ninthとしての名義で初めて完成させた作品がこの「コノハナサクヤ」だったのです。

製作過程はあまりスムーズではありませんでした。
サビ部分が気に食わず何度も何度も没案を重ねて出てきたメロディだったことを覚えています。
作曲開始から正味数週間はそこで詰まっていたおぼえがありますねw
逆にイントロは実にあっさりと出来た部分で、これは自分の悪癖なのですが
気に入ったイントロができるとそこで満足してしまって作業が停滞してしまうというwww
(イントロだけ作って未完の曲が・・・はたして何曲あるやら)
そんな諸々も重なり非常な難産だったのです。
さながらコノハナサクヤヒメの火中出産のような・・・
ってそんなに大変ではないですねウソですゴメンなさい。
腕利きのベーシストJ-Keyと活動をともにするにあたり
当然のようにベースは生楽器で入れようという話になりまして
・・・まあ自分はもとより彼の演奏が入る前提で曲を書いていたのですが
氏の十八番であるスラップ奏法を前面に出す方向で
「好き放題やっちゃって頂戴」という注文を出しました。
そして・・・上がってきたテイクは自分の予想通り、否、予想以上の素晴らしいものでした。
身内びいきの自画自賛になってしまいかねませんが、
このほぼ一発録りだったテイクは本当に秀逸で、後に「神代姫桜」にて曲の再録音を行う際にも
代替のテイクがあがらなかったほどでした。
またJ-Keyの友人のギタリストKen氏にも音源を渡し、作中のギターソロを入れてもらいました。
ワイルドなプレイスタイルと聞いていた通りの演奏で
曲のクライマックスに相応しい激しく切ないフレーズを提示してくれ、
楽曲にはよりいっそう命が吹き込まれたのでした。
本作のCD、神秘封音銅鏡(しんぴのふういんどうきょう)には
カラオケバージョンのテイクも収録してありますゆえ、
是非一度ヘッドホンでじっくり演奏を聴いて頂きたく思うのですよ。

歌詞は主題ありきで作る、「タイトル先行型」でした。
当初は桜の曲ということで何か漢字の、四文字熟語系のタイトルをと考えていたのですが
ふと思い出したのが桜の語源となったといわれる日本神話の花の女神、
コノハナサクヤヒメの名でした。
絶世の美女と謳われた女神、時を越えた恋物語―――
そういう構図が浮かんだ時点で、あとは比較的すらすらと筆が走ってくれましたね。
コノハナサクヤ、という言葉―――これは愛しいひとの名と「この花は咲くのだろうか」という
ことば本来の意味とのダブルミーニングになっておりまして、
作中では最後の締めくくりのひとこととして配置されています。
正直偶然の思い付きでしたが特に気に入っている部分だったりしまして(自画自賛)
当時、なんか作詞の神様的なモノが自分に降りてたのかもしれませんw
ちなみにこの時点ではイワナガヒメのことは特に盛り込むつもりはありませんでした。
「主人公」と「君」にしたって、確たる設定があるわけではなかったんです。
(「君」はコノハナサクヤヒメのイメージではありますがそれも漠然としたもので
 ましてや主人公はニニギのクソ野郎じゃないですし)

さて、この曲を書くにあたっての縛りというか表現上の演出にふたつ、意識したことがあります。
ひとつめは一人称の禁止です。
これには恋する相手、すなわち「君」という単語(存在)を引き立たせる意図と
主観の叙情的な想いを唄いつつも、展開される物語を叙事的に表現したいという意図がありました。
神話にモチーフを得た時点で、今回はちょびっと格調高く行ってみようと思いまして
実際の作中でもA、Bメロは口語的に進行しつつC(サビ)のみ文語的表現に徹するという
変則的な表現を用いていますね。
そしてふたつめは「さくら」という単語の封印です。
「桜の曲」という前提で作り始めたこの曲ですが
世には既に桜の曲は幾万とありますし、今その主題で曲を作るのならば
それらとの差別化を少しでも図りたいという自分のささやかな野心からの思い付きでした。
・・・同時にそれは自分の表現力と語彙の限界に対する挑戦でもあったわけでw
桜の姿無き桜の歌にこの曲を聴いてくれた方が「桜」を感じてくれたなら
それはもう作り手としては感無量なわけで、そんなネタを仕込んでみましたが
はてさてどうだったのでしょうね。
個人的には手がけた歌詞の中でもかなり気に入っているものの1つなので
共感してくれる人がいたら心底嬉しいのですけれども。

そしてそれから一年。
少なからず愛着あるこの曲を元に、さらにイメージを広げてみようと思ったことから
夏コミの企画が生まれました。
たったひとつの曲から広がった物語、登場人物、楽曲。
それらのものが織り成す新しい「コノハナサクヤ」の世界ー――

どうか聴いてくれた皆さんの心に美しい花が咲き乱れますように。 
 

スポンサーサイト




「神代姫桜」製作裏話 ~楽曲編~ 其の五

...2009/09/21 23:57...

いっぱい寝ても疲れがとれないにゃー

さてそれでは本日は5曲目、
「神樹ノ誓」(しんじゅのちかい)の紹介です。


song05.jpg


作中のクライマックスシーンで流れるこの曲は
2人の姫のハーモニーで綴る、
美しかった日々の追憶と未来へ託した希望を詠う
こてこてのバラード曲になっております。
この曲に関してはメロディーと歌詞がほぼ同時に浮かんできたというのがあり
自然と出来たメロディーに対して
あとから和風テイストを付加するという手法をとっています。
そういう意味では全編で最も「和風っぽくない」曲だと思いますね。
和太鼓や箏、尺八や拍子木などの響きとシンセ音色のランダムアルペジオ、
それからフレットレスベースの相性が実に良かったことにも助けられ
アレンジの作業は実にすんなりと進みました。
曲の見所としては二種のボーカロイド、
初音ミクと巡音ルカによるハモリをふんだんに入れておりますので
その響きをお楽しみ戴ければと思います。

歌詞は物語序盤の、姉妹が約束を交わすシーンの情景をベースにしつつ
悲劇とはいえようやく1つに結ばれた姉妹の想いを
限られた言葉の中に収めることに腐心しました。
先述のハモリの話とも重なりますが
2人の姫それぞれの思いに相当する部分をソロパートで
二人の思いが重なる部分をハモリで唄うといった演出にもなっていたりしますので
そういう前提で聴きかえしてみると、よりいっそう深く
お楽しみいただけるのではないかと思います。
それからもう1つ、この「神樹ノ誓」は次曲への伏線にもなっているのです。
意図的に共通の単語をちりばめて、それとなしに主張してみましたw
では次回、楽曲編終章にてお逢いしましょう。
おやすみなさい。


~楽曲編~終章・「コノハナサクヤ」に続きます。
 





「神代姫桜」製作裏話 ~楽曲編~ 其の四

...2009/09/20 12:14...

いかん、思いっきり爆睡してしまった…
連休? なんですかそれ。
今日は日曜で普通にお休みですけれどもねー

さてそれでは4曲目。「紅蓮坂」(ぐれんざか)


song04.jpg


逃避行を決意した姉妹の恋の歌です。
作品の流れとしても一曲激しくてダークなのが欲しかったので
和太鼓+ギターとベースでガツンガツン攻める曲という前提で
ある程度早い段階で構想はできていました。
というよりサビだけは先行してかなり初期に出来上がっていた作品です。
ちなみに作曲時にはなぜか往年の演歌の傑作
「天城越え」という曲(うちの母上が昔よくカラオケで歌ってたのですwww)のイメージが強くて
無意識のうちにわりと参考にしたような、してないようなw
曲の聴き所は何よりJ-Keyの十八番、全編通して流れるスラップベースの重低音と
初音幻想」に続いて参加してくれたステキギタリストfuzy氏の
泣かせまくりギターの絶妙な絡みですね。
Aメロのエレキギターの刻みは、激しい津軽三味線のそれとも相容れるものがあり
また対比するかのように流麗に流れる2コーラス後からのソロパートは
まさしく「愛」と「哀」を表現するのにふさわしい泣きの旋律を表現してくれました。
(余談ですがこのソロを聴くといつも仮面ライダーディケイド19話、響鬼編の
スーパーセッション「音撃山」が何故か思い出されますw 大好きなんですアレ)
個人的に悔しいのがボーカルが演奏に負けてしまっていると思える点でしょうか。
ルカ姐さん、というかボーカロイドにはあまり得手ではない曲だったかなあ、と・・・
いや全ては自分の至らなさなのですが。
あまりここで云うような事じゃないとは思いますが、作品を評価してくださった方々には
更なる精進をもってお返しさせて頂く所存です。

さて歌詞ですが久々にドロドロした詞が書けたという点では非常に満足しています。
そもそも同性愛かつ近親相姦の曲なんて初めて書きましたからねーw
"黄泉比良坂"(よもつひらさか)という単語が使いたくてそこらへんからイメージを広げてみました。
ちょうど日本神話モノということで黄泉の国、根の国にも絡めたかったというのもありますね。
破滅的な逃避行はさながら坂を転がり落ちるようなものであり
そしてその坂はすなわち黄泉の国への道、黄泉比良坂であるというダブルミーニング、
もといシャレになっていたりするわけですね。お察しいただけましたでしょうか。

あ、これは蛇足ですが作中の「罰」は「ばち」と、「近親しき」は「ちかしき」と読みます。
罰はともかく近親しきは完全に読ませなのでいちおう補足。
それでは。


~楽曲編~其の五・「神樹ノ誓」に続きます。
 





「神代姫桜」製作裏話 ~楽曲編~ 其の参

...2009/09/18 11:09...

ちょっと心がよわよわになってまして更新もままなりませんでした。
せっかく続いてたブログ更新も途切れてしまった…うあー
まあ気をとり直して。

神代姫桜、第三曲目はこちら。「月下夜想」(げっかやそう)


song03.jpg


この曲は祝言の前夜、サクヤ姫が世を儚んで唄う独唱歌です。
ボーカルを引き立てるべく、使う楽器の数を限りなく減らしています。
実質の旋律を担当しているのは箏(こと)と笛になりますが
この笛実は日本の楽器ではないんですね。
ナイという、葦(あし)の茎で作られたアラブ音楽の笛だそうです。
当初は当然のように尺八の音色を使う予定だったのですが
少し存在感がありすぎるのが気になり、より繊細な音色をと思いまして
差し替えてみたところイメージどおりだったのでそのまま採用。
サビの部分の「泣かせた」部分がわりと気に入っていたりします。
この手のスローバラードはnick-9的に
あまり悩まずに作れるジャンルの1つだったりするので
作業しながら気が楽だったのを憶えています。
イヤ手を抜いてるわけじゃないんですよw

歌詞も非常にすんなりと書けた曲でしたね。
というのも非常に場面との同調性が強い曲なので
初めから完成形がほぼ想像できていたといいますか。
誰にも云えない想いを月に語りかける、という主題が決まった時点で
この曲の安産は保証されていたのかもしれませんw
詞の内容は悲劇そのもので、サクヤ姫はいまだ一縷の望みを持ちつつも
すでにある覚悟を決めてしまっています。
そしてその覚悟と想いは、この歌を偶然に聴いていた
イワナガ姫にもまた決断を迫ることとなるのです。


~楽曲編~其の四・「紅蓮坂」に続きます。
 





「神代姫桜」製作裏話 ~楽曲編~ 其の弐

...2009/09/15 23:53...

最近気を抜くと寝落ちしてしまう・・・
疲れてるんでしょうかねえ。

さて、気を取り直して
「神代姫桜」製作裏話、引き続きお送りいたします。
今日は二曲目、「千夜一秒物語」(せんやいちびょうものがたり)


song02.jpg


これはイワナガ姫のテーマとして作った曲で
華恋円舞」と対になるよう意図されています。
全編を通して奏でられるアルペジオフレーズには
RolandのSC-8820という音源の「Harmo Rain」なる音色を使用しているのですが
これが非常に心地よく、またイメージ通りのサウンドだったため
曲の方向性が一気に決まりました。
一つの音色、或いはメロディーのフレーズから触発されて
全体のイメージが確立するということはちょくちょくありますが
そうして出来る曲は大抵、すんなりと完成してくれる「良い子」であることが多いですw
この曲に関しては和楽器をあまり用いず、尺八の旋律のみに留めるよう心掛けました。
メインはあくまでもシンセ音色で、幻想的・空間的なサウンドを追求しています。
「岩」といえば山谷に流れる川、すなわち山水のイメージがありましたので
小川のせせらぎなんかも入れてみましたが・・・(nick-9はSE入れるの大好きなんですw)
和楽の音色を多用してナショナリズムを喚起させる
「華恋円舞」とは全く逆のアプローチでもありますね。
最近、というか近年ハマリ気味なフレットレスベースの音色は、
ベースラインを作った時点でJ-Keyに生楽器で入れてくれるよう打診しましたが
結局断られてしまいましたw
(彼はファンク系がルーツのバリバリのスラップ野郎なので
そういうプレイは専門外なのです。でも練習させていつか弾かせますw)

さて歌詞ですがイワナガ姫の属性は「岩」、「不老不死」ということで
悠久の時を俯瞰する孤高の姫というイメージで作りました。
これは「華恋円舞」「千夜一秒物語」両方に共通した意図ですが
どちらも主題の人物が己の心情を歌うというのではなく
第三者的な視点でそれぞれの姫の個性と想いを語る形式を取っております。
これは実はアルバム後半の、心情を吐露する形式の曲たちとの
差別化を図ってのことなのですが、あえて「私」「あなた」を使わず書く詞も
たまにやると新鮮でやりがいもあって楽しいんですよねw

タイトルは有名なアラビアンナイト「千夜一夜物語」(せんやいちやものがたり)と
稲垣足穂の著作、「一千一秒物語」(いっせんいちびょうものがたり)から取っています。
イワナガ姫の永遠にも近い寿命の前では、
過ぎ去ってしまえば千の夜すら一秒の夢のようだという超越者の悲哀と
それゆえ一瞬の命(サクヤ姫は刹那に散る花の儚さの象徴でもありますね)
こそが尊く愛しいのだという、彼女の想いを想像して書いてみました。
如何でしたでしょうか。


~楽曲編~其の参・「月下夜想」に続きます。
 










当サイトはリンクフリーです。
CALENDER
09 ⇔ 2017/10 ⇔ 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

nick-9

Author:nick-9
はじめましてnick-9と申します。
音楽とブロック遊びと猫をこよなく愛するヲタク野郎です。
よろしかったら仲良くしてあげてくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。